言語聴覚療法学科ブログ一覧

2018/11/08

【言語聴覚療法学科2年インタビュー】臨床実習第一期を終えて・・・

みなさんこんにちは。臨床福祉専門学校です。   言語聴覚士になるためには、12週間(3ヶ月)の長期臨床実習に 必ず赴かなければなりません。   本校の言語聴覚療法学科では、4週間×…続きを読む

2018/11/07

子どもの発達段階と家庭教育~小児療育のための基礎~

    子どもの発達段階ステージでは、胎児期から青年期おける発達段階を理解して、段階に応じた家庭教育を心掛けましょう。   1、胎児期(生まれる前)   【発達…続きを読む

2018/10/31

言語聴覚士になるには?3年制と2年制の違いと学校選びのポイント

  言語聴覚士とは、「話す・聴く・食べる のスペシャリスト」で、 コミュニケーションや食べる障害に対応する専門職です。   言語聴覚士を目指して学校選びをするときには、大学・専門学…続きを読む

2018/10/24

言語聴覚士による摂食嚥下リハビリ

    1、摂食・嚥下障害とは?   脳卒中や脳性麻痺、口腔、咽頭、喉頭などの疾患、神経難病などの中枢神経系疾患などで、 「食べる」機能に障害が生じることを摂食・嚥下障害…続きを読む

2018/10/20

子どもの聴覚障害 ―診断と治療・改善法―

  聴覚障害とは、音の情報を脳に送るまでの部位に障害があるため、音が聞こえない、または聞こえにくいという情報です。 ここでは子どもの聴覚障害の診断や治療・改善法についてご紹介します。 &nb…続きを読む

2018/10/19

子どもの聴覚障害 ―種類と原因―

    聴覚障害とは、音の情報を脳に送るまでの部位に障害があるため、音が聞こえない、または聞こえにくいという状態です。 ここでは子どもの聴覚障害の原因や種類についてご紹介します。 …続きを読む

2018/10/18

家族ができる脳梗塞の後遺症、失語症・構音障害のリハビリ

    脳梗塞によって脳の特定の部位に破損が生じると、言語機能に障害が出ることがあります。 脳梗塞の後遺症による言語障害の症状には大きく分けて「失語症」と「運動障害性構音障害」の2…続きを読む

2018/10/17

失語症と構音障害のちがいとは?

  脳梗塞や事故によって脳の特定の部位に破損が生じると、言語機能に障害が出ることがあります。 後遺症による言語障害の症状や、言語聴覚士によるリハビリ方法などはそんな手法があるのでしょうか? …続きを読む

2018/10/17

脳梗塞の後遺症として起こる言語障害とは? ~失語症と構音障害~

  脳梗塞によって脳の特定の部位に 破損が生じると、言語機能に障害が出ることがあります。 脳梗塞の後遺症による言語障害の症状や、言語聴覚士によるリハビリ方法などはそんな手法があるのでしょうか…続きを読む

2018/10/12

誤解されやすい病気「高次脳機能障害」とは?

  1、「高次脳機能障害」の特徴とは?   交通事故や脳卒中などで脳に損傷を負うと、その後遺症のため日常生活で複雑な障害を示すような症状が現れることがあります。   これ…続きを読む