臨床福祉専門学校

臨床福祉専門学校

お電話03-5653-1711

《3月》
オープンキャンパス

言語聴覚士の仕事と働き方を知ろう!

言語聴覚士は小児療育や高齢者まで幅広く関わりのある職業です。

卒業後、自分がどのようなキャリア(仕事・職場など)へ進むのか気になるかと思います。
本校のオープンキャンパスでは現在も言語聴覚士としても医療現場で活躍している専任教員より言語聴覚士の仕事内容や各領域(小児・成人・嚥下・きこえ)での役割などについてお伝えします。実際に働く姿を思い浮かべていただけるように求人票もご紹介させていただきます。

教員へ直接質問や相談もできますので、言語聴覚士の仕事に興味がある、もっと詳しく知りたいという皆様にぜひ参加いただきたい学校説明会です。

また校舎案内では在校生より授業、勉強方法などとお話しさせていただき、学校の雰囲気もご案内させていただきます。

臨床福祉専門学校では教職員、在校生のすべてがみなさまのキャリアアップを応援します。



3月3日(日)
脳挫傷による失語症のメカニズム
~事故や病気による後遺症~


脳卒中や事故での脳挫傷の後遺症に多い「失語症」について、本校専任講師が脳や失語症のメカニズムと、その訓練方法について解説します。



3月10日(日)
発達障害児、どもり、難聴児の小児療育
~訓練の様子から学ぶ~


小児専門のSTが実際に「ことばの相談室」で訓練をしている臨床動画を観ながら、小児事例を解説します。小児療育におけるSTの関わり方がわかる内容です。



3月16日(土)、23日(土)
小児リハビリの臨床現場を見学しよう
~「江東ことばの相談室」見学付き ~


本校専任講師で小児専門のSTが、訓練をおこなう様子を、マジックミラー越しに実際見学していただきながら訓練の内容のほか言語聴覚士の仕事を解説します。



3月17日(日)
ことばのリハビリを学ぶ
~失語症のリハビリを知ろう~


ブローカ失語・ウェルニッケ失語・健忘失語・全失語などさまざまなタイプの失語症を知り、言語聴覚士がおこなう言語訓練(リハビリ)についての職業理解ができます。



3月24日(日)
吃音症(どもり)の言語訓練
~成人領域の言語聴覚士と職業理解~


一般的に「どもり」と呼ばれ、言葉の一部を繰り返したり、詰まってしまう「吃音症」について、その種類や訓練法を本校専任講師で成人領域専門のSTが解説します。


  • 学校・学科説明
  • 特別セミナー
  • キャンパスツアー
  • 個別相談
  • 入試エントリー・教員面談


※AOエントリーは事前にWebから予約できます。

会場:本校アクセスマップはこちら(GoogleMap)

《3月》オープンキャンパス

会場:本校アクセスマップはこちら(GoogleMap)

参加希望イベント 《3月》オープンキャンパス
参加希望イベント日必須  
氏名必須
ふりがな
メールアドレス必須
電話番号(携帯)
生年月日  年  月  日
学年/職種
当日のAO入試(面談)
※ご来校日に入試を受験されるかたは
「受験する」を選択ください。
同時に資料請求を希望する
郵便番号必須 - (半角数字)
ご住所必須
備考・ご要望欄
Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.