臨床福祉専門学校

臨床福祉専門学校

お電話03-5653-1711

Future of the ST
言語聴覚士の専門学校と大学を比較

言語聴覚士国家試験合格者数6年連続全国第1位!

言語聴覚士の専門学校と大学の違いとは

言語聴覚士を目指す上では、養成校に通う必要があります。養成校にも種類があり、その中でも大学と専門学校はどちらを選んだらいいのか悩む人も多いでしょう。

専門学校と大学のどちらを選ぶかは、「目的」と「これまでの経歴」、そしてそれぞれの「メリット」の3点から選ぶことができます。

まず第一に目的について。

専門学校は、言語聴覚士に必要な知識・技能を習得するための学校です。授業には実習が多く、現場で役立つスキルを身につけることが目的です。

対して大学は、言語聴覚士を目指す学びを得ることのほかに、一般教養の科目も含めた単位取得が目的となります。

明確に言語聴覚士を目指すことが決まっており、知識・技能をできる限り身につけていきたい人は専門学校が良いでしょう。まだ言語聴覚士を目指すか確定していない、または医療や福祉についてもっと広く知りたいという方は大学をおすすめします。

これまでの経歴によって専門学校や大学、2年制~4年制を選ぶ

「これまでの経歴」とは、養成校の入学要件を満たしているかどうかです。

高等学校卒業資格のみで入学できる養成校は、大学や短大、3年制または4年制の専門学校です。3年制・4年制の専門学校は、数が少ないためまずは通える範囲にあるかどうかを調べた方がいいでしょう。

高等学校を卒業してすぐに言語聴覚士を目指したい場合は、大学または短大の方が選べる選択肢が多くあります。しかし、大学によっては、卒業後にさらに2年制の専門科を卒業する必要のある大学もありますので、学費や将来設計を見据えて選択をしましょう。

一般の4年制大学卒業資格がある場合は、大学・大学院専攻科もしくは専門学校の2年制へ入学することができます。こちらは逆に、2年制で通える大学・大学院専攻科の数が少なく、専門学校の方が選ぶ選択肢が多いです。

言語聴覚士資格取得のための養成校はこの2つのルートが主ですので、これまでの経歴で入学資格のある学校を選びましょう。

専門学校で言語聴覚士を目指すメリット

次にそれぞれのメリットについて。

専門学校で言語聴覚士を目指す大きなメリットは、言語聴覚士国家試験に必要な科目だけを学べることです。これは「目的」の違いからなるものですね。一般教養にあげられる英語や体育に割く時間を、言語聴覚士の授業にあてているため、その分スキルを多く身につけることができます。

直接的に言語聴覚士になって役立つ知識や技術だけでなく、マナーや礼儀といった細かい部分や、実習でどう患者さんと接したらいいかなどのコミュニケーションスキルについてまで学べるところが専門学校の強みです。

そして2年制からあり、短期間で言語聴覚士国家資格を取得できることもメリットでしょう。短い年数で言語聴覚士について深く学び、すぐに就職し実践できることがメリットです。

大学で言語聴覚士を目指すメリット

次に大学で言語聴覚士を目指すメリットについて。

大学を卒業するため、大学卒業の学歴を得られることが大きなメリットでしょう。一般企業に就職する可能性がある場合は特に役立ちます。また、一般教養科目についても学べるため、広く学問を身につけたい方にはおすすめです。何になりたいか明確でない方、これから夢を広げていきたいという方は大学の方が良いでしょう。

また、時間割については専門学校よりも大学の方が余裕があります。自分の興味のある科目を選び、時間割を作ることができます。空いた時間でアルバイトやサークル活動を行う方も多いですね。専門学校の場合は年数が短いことが多いのもあり、授業が詰まっているため自由な時間は少ないと言えるでしょう。

気を付けなければならないのは、専門学校の2年制に比べて大学では年数が多くかかることです。4年間だけでなく、4年通ったのちに専攻科へ進み、さらに2年間学ぶカリキュラムになっている学校も多くあります。言語聴覚士になる要件以上に学びを広げていきたい方に向いています。

少人数制と大人数制の違い

ここまで述べたことで大体、自分が専門学校が向いているのか、大学が向いているのかが判断できると思います。

その他にも、専門学校と大学の違いをあげるとすると、少人数制と大人数制の違いがあります。

専門学校は40人以下の少人数で1つのクラスが構成されているのに対し、大学は100~200人を一気に教えるという形式が一般的です。

少人数であれば、言語聴覚士を目指す仲間と一丸になりやすく、グループワークや演習などお互いを高め合いながら勉強することができます。そして先生も身近な存在であり、私生活のことから国家試験のことまで相談にのってもらうことができます。

大人数では、より多くの仲間や友人ができるでしょう。サークル活動や部活動などを通して人間関係を広げていくことも可能です。それが就職など将来につながることも少なくありません。規模が大きく先生も多いため、多様な専門分野をもった先生方と出会えることも財産です。

人数の差についてはこのようにメリットもありますが、それぞれ逆を言うとデメリットもあります。自分に合った方を選択し、より良い環境で言語聴覚士を目指してください。

言語聴覚士の実際の仕事の様子を見てみよう

臨床福祉専門学校では、普段なかなか見ることのできない言語聴覚士の訓練の様子をマジックミラー越しに見学できる見学会を開催しています。

江東ことばの相談室見学会詳しくはこちら

江東ことばの相談室見学会
ページの先頭へ