National Examination
言語聴覚士国家試験の難易度・合格率

言語聴覚士国家試験合格者数6年連続全国第1位!

言語聴覚士国家試験の難易度

言語聴覚士の国家試験は、難易度が高いです。全国平均合格率は、年度によって差がありますが例年55%~80%の間です。リハビリテーション専門職の国家資格である、理学療法士・作業療法士が平均的に80%前後であることを考えるとそれよりも例年低い合格率です。

命や人生を左右する医療系の資格であることと、言語聴覚士が扱う分野は専門性が医療系の中でも高いことが低い合格率の理由となっています。学校のカリキュラムをしっかりこなした上で、自宅学習もきちんと行わなければ合格は難しいでしょう。

学校では、1年次から国家試験対策の授業があったり、補講で苦手分野を克服するなど独自の対策がされています。入学前に、どんな国家試験対策を行っているのか調べ、自分と相性の良い学校を選びましょう。

国家試験は養成校の既卒者であれば受けることができ、既卒者の方が合格率が低い傾向にあります。養成校を卒業して時間が経ってしまうと、内容を忘れていってしまったり勉強にメリハリがつけられなくなるなどの原因からです。

国家試験を受けたい人は、なるべく卒業見込みの段階で合格できるように対策するとよいでしょう。

国家試験合格率推移と今後の予測

直近10年間の推移では、徐々に合格率は高まっています。平成21年(第11回)の57%だったのに比べ平成23年(第13回)では69%まで増加。次年度は一度62%へ下落しますが、また68%・74%と増加。増減を繰り返しながらも着実に上がってきており、平成30年(第20回)では79.3%と、2000年以降で最も高い合格率となりました。

言語聴覚士国家試験の合格者数

引用;日本言語聴覚士協会
https://www.jaslht.or.jp/trend.html

今までの傾向からいくと平成31年(第21回)合格率は一度下落する可能性はありますが、70%を大きく下回ることは考えにくいと言えます。

合格率が高まっている理由は、言語聴覚士の需要が高まっているためでしょう。受験者数も平成20年の2,574人をピークに、2,400前後で停滞しています。合格者を多く出し、言語聴覚士を増やさなければ高齢化社会で増加する患者さんに対応ができない現状があります。

国家試験自体は難しいものの、需要が多く求められており、求人も多いことが予想されます。

言語聴覚士国家試験の概要

言語聴覚士の第20回言語聴覚士国家試験の概要をご紹介します。
第21回も、試験日や試験地などが大幅に変わるとは考えにくいため、今後国家試験を受ける方は参考にしてください。

試験日 平成30年2月17日(土)
試験地 北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県
試験科目 基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥えん下障害学及び聴覚障害学
合格発表日 平成30年3月28日(水)午後2時
受験手数料 34,000円
詳細情報 厚生労働省 言語聴覚士国家試験
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/gengochoukakushi/

国家試験合格に向けた勉強方法

言語聴覚士に限らず、国家試験の勉強ではこれまで行われた試験の過去問題を解くことが重要です。

例年似た問題が出題されるため、10年分は過去問題を解きましょう。言語聴覚士は国家資格になってから10数年と歴史が浅いため、これまでの過去問題をすべて解いても良いと思います。

1度解いてそれでおしまいではなく、例えば選択問題であれば正解以外の選択肢がなぜ間違いなのか、どういった質問であれば答えになり得るのか、派生の問題は何か、と1問に対し様々な角度から学びを深めていくようにしましょう。そして何度も周回して解いていき、完璧になるまで繰り返すと頭に定着します。

もちろん、過去問題を解くためにはまず土台が必要です。学校の授業でわからないことがあればすぐに先生に聞く、仲間と相談する、自分で調べてみるなどして、できない箇所をつぶしていくようにしましょう。

在学中に国家試験を受ける方は、実習と就職活動と時期が被ってしまい勉強する時間が十分に確保できない可能性があります。実習が終わるのが12月末で、試験の2月中旬まで1ヶ月しか勉強ができない…といった人も多くいるようです。事前に実習や就職活動のスケジュールを踏まえ、暗記が必要な勉強以外は前々からしておきましょう。どうしても覚え辛いものやすぐ忘れてしまうものは、1か月間あれば十分試験日までに定着させることができます。

国家試験の日程と実習や就職活動の日程、自分のできる勉強のペースを考慮し、効率よく国家試験対策が行えるようにしましょう。

言語聴覚士の実際の仕事の様子を見てみよう

臨床福祉専門学校では、普段なかなか見ることのできない言語聴覚士の訓練の様子をマジックミラー越しに見学できる見学会を開催しています。※毎月2回開催

江東ことばの相談室見学会詳しくはこちら

江東ことばの相談室見学会

TOPへ

Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.