臨床福祉専門学校

臨床福祉専門学校

お電話03-5653-1711

トピックス

2019/03/04
言語聴覚士が使う検査道具を紹介します

みなさんこんにちは。

臨床福祉専門学校入試広報課です。

 

言語聴覚療法学科でよく使用する「基礎実習室」に常備されている検査道具をいくつかご紹介します。

 

「言語聴覚士の“検査”っていったいどんなものなの?」

「授業で実際にどんなものを使うの?」など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

本校の「基礎実習室」を一緒にのぞいてみましょう。

 

*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+*

 

①【SLTA】

(Standard Language Test of Aphasia:標準失語症検査)

 

 

 

話す・読む・書く・聞く・計算の5つの側面を測るために使用する検査です。

この検査で得た結果を元に、言語聴覚士が訓練計画を立てます。

 

【レーブン色彩マトリックス検査】

 

 

お子様からご高齢の方まで幅広い年齢の方を対象とした、知的能力をはかる検査です。

「空欄にどれが入るか」を指差し等で答えてもらいます。

 

 

③【コース立法体組合テスト】

 

 

 

ブロックを使って模様をつくる知能検査の道具です。

 

④【国リハ(S-S法)言語発達遅滞検査】

 


 

小児患者様を対象に、言語発達水準をしらべる検査です。

赤いお洋服を着ている女の子の名前は「あいちゃん」といいます。

 

たとえば、患者様に「帽子」をわたし、

「帽子」をあいちゃんにどうしてあげるのか?を問います。

 

頭に被せたり、足に履かせたり、口元にもって行き食べさせたり・・・。

その状況により現在の言語発達水準を調べる材料になります。

 

 

【 オージオメーター 】

 

 

“きこえ・聴力”を検査する機械です。

 

健康診断でも使われているので、

皆さんも見たことがあるのではないでしょうか?

 

ご紹介したもの以外にも、

臨床福祉専門学校の「基礎実習室」には

様々な道具が多数揃っています。

 

 

本校のオープンキャンパスでは、在校生がご案内するキャンパスツアーを行っています。

 

言語聴覚士で使用する検査道具や教室について、実際に学んでいる在校生がご案内します。

 

その他にも学校生活や、学生の雰囲気、試験や勉強方法など、

学生の生の声を直接聞くことができますので、ぜひ臨床福祉専門学校のオープンキャンパスにお越しください。

 

*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+*

 

★最終募集中★

臨床福祉専門学校で言語聴覚士になる!

 

 

2年間で国家試験合格はもちろんのこと、

その先、言語聴覚士として働き始めたあとも、役立つ学びのカリキュラムが臨床福祉専門学校にはあります。

 

★4月入学間に合います!★

医療系国家資格、言語聴覚士へキャリアチェンジしませんか?

ぜひ臨床福祉専門学校のオープンキャンパスへご来校ください!

 

来校予約はこちらから

 

*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+*

 

来校当日に受験エントリー・教員面談実施が可能です

 

お仕事や家庭の仕事があるなかで何度もご来校いただいたり、お時間をかけるのは大変です・・・。

社会人フレックス入試は忙しい社会人の方におすすめです!

 

ぜひ受験エントリー・ご来校お待ちしております!

 

エントリーはこちらから

 

*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。*+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚

 

\新入試、随時受付中!/

 

社会人の方は全員受験資格有り!

会社員、主婦、フリーター、大学院生のかた、どなたでも受験可能です。

 

まずはエントリーフォームへ入力をお願いします。

*チェックするだけで作文の入力はありません。

*入力時間もわずか3分程度

*受験エントリーに費用は一切かかりません。

 

エントリーフォーム入力はこちらから

 

 

★ラストチャンス!3/24(日)まで!チャレンジ減免制度★

 


 

3/24までにエントリーを済ませた方のみ減免の対象です詳細はこちらをクリック▲

 

  • トップ > 
  • Topics > 
  • 言語聴覚士が使う検査道具を紹介します
ページの先頭へ