臨床福祉専門学校

臨床福祉専門学校

お電話03-5653-1711

トピックス

2019/01/19
総合基礎医学|㈱ロボキュア様より-ICTを活用した言語訓練の取り組み-

みなさまこんにちは。臨床福祉専門学校 入試広報課です。

言語聴覚療法学科1年生の【総合基礎医学】の授業に参加してきましたのでレポートします。

 

この日の授業は株式会社ロボキュアの森本社長様より「ITCを活用した言語訓練の取り組み」について講義いただきました。

==================================

株式会社ロボキュアとは》

IT技術で人を癒すことをミッションに掲げ、失語症患者向け言語訓練サービスの提供。

会社Webサイト http://robocure.jp/

==================================

千葉大学と共同研究をしており、Pepper(ペッパー)を使った呼称訓練を開発。

 

【なぜPepperなのか?】

タブレットがついているため絵を表示できる

音声認識とその正誤判定ができる

訓練データの記憶ができる


など、ロボットを使用しようすることにより言語聴覚士が常についていなくとも患者様の自分のペースで言語訓練ができる、というのもPepperを活用した理由のひとつです。言語訓練の様子をいくつか動画で見せていただきましたが、高齢の患者様ほどPepperの愛くるしい表情と声がお孫さんと重なるようで、リラックスした様子で言語訓練をされているようでした。

 

 

【Pepperの次ステージへ】

Pepperを購入するのはハードルが高いので自宅での訓練を薦めることができません。

そのためロボキュアでは使用機器の変更や訓練種類の拡充、言語聴覚士との遠隔訓練などを開発しています。

今後はロボットや人工知能がでできること、人でないとできないこと、を共存していくことが求められています。

 

現在の日本では言語聴覚士が非常に人材不足といわれています。

しかしながら、失語症患者数は高齢化も伴って増えており、言語訓練の必要性が増えていきます。

 

このようなICTを活用した言語聴覚士も必要になっていくという明るい未来と、森本社長の失語症患者様を助けたいという熱い想いをしっかりと伝えていただいき感動した講義でした。

 

*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚*。+゚*。゚+。*゚+。。+゚*゚+。。+゚

臨床福祉専門学校で言語聴覚士になる!

 

大卒からの進学なので年齢も経歴も様々なクラスメイトが国家資格取得にむかって学んでいます。

 

\4月入学 間に合います/

言語聴覚士で医療職へのキャリアチェンジを目指しませんか。


>>>オープンキャンパス情報

1/20(日)11:00~12:15/13:00~14:30

 

言語障害へのリハビリを知る
~失語症、構音障害、吃音、嚥下など ~

 

病気やケガをされた患者様をはじめ、小児~成人、高齢者など様々な症例の訓練を行う言語聴覚士の仕事や、本校での教育内容を説明します。


みなさまのご参加お待ちしています。



  • トップ > 
  • Topics > 
  • 総合基礎医学|㈱ロボキュア様より-ICTを活用した言語訓練の取り組み-
ページの先頭へ