トピックス

2018/05/13
【イベントレポート】言語聴覚士の仕事がわかるオープンキャンパス|職業理解セミナー

こんにちは。臨床福祉専門学校です。

5/13(日)本校では『言語聴覚士の仕事がわかるオープンキャンパス』を開催いたしました!

 

 

現在も現役の言語聴覚士として臨床現場にでられている、本校専任教員・水尻先生と本校の学生を交え、座談会のような形で行った今回のイベント。

 

「言語聴覚士として働く中で、つらいこと、大変なこと」「言語聴覚士として働く上での心持」といった、言語聴覚士になってからのお話や、

「なぜ言語聴覚士になろうと思ったのか?」「勉強のポイント」「どうして臨床福祉専門学校を選んだのか?」等、

本校の卒業生でもある先生や、学生のリアルな経験談をお話いただき、参加者の方の疑問を解決する、職業理解セミナーとなりました。

 

 

「言語聴覚士としての知識は、入学してからしっかり学んでいくので、心配ありません。入学前に必要なのは、言語聴覚士に対する知識よりも、相手のことを思いやれる気持ちをもっているかどうかです。」と水尻先生。

 

 

患者様と1to1で、長く関わっていくことの多い言語聴覚士。

患者様の気持ちに寄り添い、思いやりの気持ちを持って、患者様と歩んでいくことが重要だということを感じました。


————————————————————————————

 

臨床福祉専門学校で言語聴覚士を目指しませんか?


次回の『言語聴覚士の仕事がわかるオープンキャンパス|職業理解セミナー』

5/27(日)AM 11:00~12:00/PM 13:00~14:30

 

 

AM/PM 2回開催です。ご都合の良い時間にご来校ください!


自分で調べてみたものの、よくわからない・・・

具体的にどんな仕事なのか?自分に出来るだろうか?等の疑問が解決できるオープンキャンパスです。


「言語聴覚士」に興味のある方は、ぜひご来校ください!

 

ご予約はこちらから

  • トップ > 
  • Topics > 
  • 【イベントレポート】言語聴覚士の仕事がわかるオープンキャンパス|職業理解セミナー

TOPへ

Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.