臨床福祉専門学校

臨床福祉専門学校

お電話03-5653-1711

トピックス

2018/01/13
【イベントレポート】理学療法士の資格と仕事を理解しよう|理学療法学科

こんにちは。臨床福祉専門学校です。

 

先日、本校にて理学療法学科のオープンキャンパスを行いました!内容は「理学療法士の資格と仕事を理解しよう」。

「物理療法学」を担当している、専任教員の太箸先生より、説明がありました。

 

 

理学療法士はざまざまな「患者さまの回復をサポートする方法」を知っています。

・運動療法(腹筋や背筋は“自前のコルセット”!筋力UPの指導を行います)

・徒手療法(痛みを和らげるマッサージなどを行います)

・物理療法(アイシングや温熱効果を適切な頻度や期間、回数を指導します)

 

 

患者さまの対象も、脳性まひのお子様や中高生の部活でのケガ、事故や病気にかかった成人の方など、多岐にわたります。状態も「急性期」「回復期」「生活期」とさまざま。

 

どの場合においても、「何が患者さまの目的か?」を果たすために、理学療法士は医師や看護師、言語聴覚士、作業療法士、ケアマネージャーの方などと連携して「チーム医療」で患者さまの「想い」をかなえます。

 

 

ご参加いただいた方より「学校での学びの上で、自分の進みたい分野を明確にする必要はあるのか?」という問いがありました。

先生の回答はこのようなものでした。

 

「本校での学びは、全ての分野において活躍できる基本的な学習でしかありません。専門分野は主に就職先によるところが大きいです。スポーツの分野に進みたい方は、スポーツに強いドクターや病院の元に就職し、帯同して名前を売るということが近道だと思います。命に関わる急性期は応募枠そのものが少ないので、まずはどんな就職先でも、理学療法士としての経験を積んでいくことが重要でしょう」

 

 

本校の学びの特徴も、本校専任教員の高林先生よりご説明させていただきました。

「臨床福祉専門学校が、何故すべての分野において活躍できる人材を輩出できるか」の秘訣はオープンキャンパスにご参加いただいた方は、お分かりいただけたかと思います。

 

----------

 

★次回オープンキャンパス★

 

 

理学療法士でキャリアアップ・キャリアチェンジを目指そう!

社会人・フリーターの方必見!福祉業界や異業種からのキャリアアップ、キャリアチェンジにより理学療法士として活躍している教員が、理学療法士の仕事、やりがい、働きながら学ぶ術をお伝えいたします。キャリアアップを狙うみなさまにおすすめのイベントです。

 

ご予約はこちら

 

----------

 

★理学療法士になる!をスピーディにかなえる臨床福祉専門学校の入試★

 


 

 

理学療法士になりたい!倍率が上がる前に、誰よりも早く合格を決めたい!そんな方へおすすめの入試です。

来校時のエントリー・面談日予約も可能です◎

 

webエントリーはこちらから

 

 

 

  • トップ > 
  • Topics > 
  • 【イベントレポート】理学療法士の資格と仕事を理解しよう|理学療法学科
ページの先頭へ