トピックス

2017/12/04
言語聴覚士は、AIには変われない職業です!|言語聴覚療法学科

みなさんこんにちは。臨床福祉専門学校です。

 

米国労働省のデータに基づき、英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン氏による研究で、702職種が将来コンピューター技術によって自動化されるかを分析した結果、今後10~20年程度で消える・なくなるであろうと予測される仕事のランキングが発表され、話題になりましたね。創造的な仕事はなくならない、という結果になりました。

 

⇒研究論文はこちら

 

そのランキングの詳細をご存知でしょうか?

消える可能性が高い職業としては、テレオペ・データ入力・レジ業務などがあげられています。

 

では、消えない職業としてはどのようなものがあるか?この研究データによると、医療系のお仕事、特にAudiologists(聴覚分野の言語聴覚士)やSpeech-Language Pathologists(言語分野の言語聴覚士)はなくなる可能性が低い、とされています。

 

 

今年厚生労働省で発表された平均寿命は87.14歳。“一生はたらける仕事”を持つには、医療分野の中でも人数が少なく、需要が高い、『言語聴覚士』がおすすめです。

 

言語聴覚士の仕事とは?

本校オープンキャンパスでは、現役の言語聴覚士がどのような仕事なのかを徹底解説!

 

来校予約はこちら

 

 

本校なら最短2年で一生なくならない仕事に、卒業後すぐに即戦力として活躍できる=選ばれる言語聴覚士を目指せます。「今の仕事のままでいいのかな……」と不安のあるみなさまに、おすすめの職業です!

 

数ある養成校の中で、臨床福祉専門学校が選ばれる理由とは?

こちらをクリック!

 

 

 

webやパンフレットではわからない“学校の雰囲気”を知るには、来校して確かめるのが確実!

オープンキャンパスでは教員・学生・職員がご対応いたします。

 

みなさまにお会いできることを教職員・在校生一同お待ちしております!

 

----------

 

★ webエントリーはじめました ★

本校の「学力<やる気」の各AO入試、入学試験は“面談のみ”

みなさまのエントリー&チャレンジをお待ちしております!

 

 

 

  • トップ > 
  • Topics > 
  • 言語聴覚士は、AIには変われない職業です!|言語聴覚療法学科

TOPへ

Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.