トピックス

2017/07/14
日常生活活動学(ADL)|理学療法学科(昼間部2年)

みなさまこんにちは。臨床福祉専門学校です。

 

QOLということばが良く聞かれるようになりました。

理学療法士の世界でも、このQOLは重要な観点となります。

 

 

今回ご紹介する「日常生活活動学(ADL)」の授業では、

事故や病気等で、後天的に障害を抱えるようになった方の

障害受容についての講義が行われていました。

 

障害受容とは?

障害を持った方が様々な過程や段階を辿って、障害を受け入れることを指します。

 

ショック、回復への期待、回復しないことへの苛立ちや拒絶…….。

(リハビリ期と重なることが多いのがこの時期です)

 

 

理学療法士は「患者さま一人ひとりのQOL向上」のため、

患者さまご本人の心身だけでなく、その周囲

(ご家族や住居、制度など、要素は様々)に対し、

障害を抱えた状態を受け入れ自己実現をはかる過程を支援します。

 

「受障前の自分」の価値観から、「いまの自分での視点」へ尺度を変えることで、

ADLが低くても、自分らしく生きることができます。

 

 

ADLの高さ(=日常動作が自力で問題なく行える状態)だけが

QOLの向上につながるとは限りません。

その人がその人らしくいられることがリハビリテーションの真の目的です。

 

理学療法士は、リハビリのスタート、身体機能の回復を支えるエキスパートです。

本校の学生は、実技に座学に、活躍に向け日々邁進しています!

 

 

———————————————————————–

 

 

自分の好きなことが出来るように……。理学療法×障害者スポーツ

7/17(月・祝) 「パラスポーツの世界を見てみよう!」

予約はこちら

 

 

もう一度、スポーツの世界を生きたい。楽しみたい。

自分がスポーツ大好きだから!その気持ちはあなたの強みです!

 

 

詳細はこちら

 

  • トップ > 
  • Topics > 
  • 日常生活活動学(ADL)|理学療法学科(昼間部2年)

TOPへ

Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.