アクセス 03-5653-1711
有資格者&実務経験者 在校生インタビュー
教員免許を活かして言語聴覚士を目指す 教員免許を活かして言語聴覚士を目指す

本気で「人のためになる仕事」がしたい

言語聴覚士を目指した理由は、本気で「人のためになる仕事」がしたかったからです。大学卒業にあたり、教員となることも考えましたが、言語聴覚士が他の職種と比べ圧倒的に人数が少なく、助けを求めている人が大勢いると知ったことが一番のきっかけです。

医療の現場で絶対に必要となる、観察力や想像力、患者様へ的確に考えを伝えるための表現力が身につけられるカリキュラムだと感じ臨床福祉専門学校を選びました。オープンキャンパスでこの学校の先生と話したときに、それらの力が身に付くと実感しました。

高齢者から小児まで、分野を限定せず多岐にわたって活躍したいと考えています。「石川さんだから良かった」と思っていただけるような存在になりたいと強く思います。

介護士の資格を活かして言語聴覚士を目指す 介護士の資格を活かして言語聴覚士を目指す

言語聴覚士として専門的に関わっていきたい

食事介助などの支援の中で、本当に利用様の状況をよく把握できているのか疑問を抱きながら障がい児・者に関わる仕事をしてきました。自分自身の知識不足や経験不足を痛感し、言語聴覚士として専門的に関わっていきたいと思ったことが言語聴覚士を目指したきっかけです。

臨床福祉専門学校は教員や事務局の方々とのお話に温かみがあり、相談しやすい学びの場所だと感じられました。設備や教材の豊富さも加えて、この学校には自主的な勉強を進めていく励みがあると強く魅力を感じました。実践に近い講義を受けられることも志望した動機のひとつです。

患者様が「自分らしさ」を感じられる生活を構築できるよう、他職種の方やご家族の方、或いは地域が一丸となったチームを組み、一人ひとりに寄り添った、多角的なサポートづくりをしたいと思っています。

保育士の資格を活かして言語聴覚士を目指す 保育士の資格を活かして言語聴覚士を目指す

効果的な療育プログラムを提案・実施していきたい

こどもが好きという点と、社会貢献という二つの面から、児童支援の現場に携わってきました。そこで専門知識に基づいた言語聴覚療育プログラムの立案と実施の必要性を日々痛感し、言語聴覚士を目指しました。

もともとヒトの言語に関する脳の諸機能や、心理的側面の影響に興味があったこともあり、専門学校への入学を決意。この学校を選んだ理由は、授業内容が素晴らしく、臨床にも強いという定評があると知ったからです。現場を見据えた学校でしっかりと学びたいと思いました。

将来はお子様に対し、効果的な療育プログラムを提案・実施でき、かつ保護者様のお悩み相談もできる言語聴覚士を目指しています。また、在住外国児童の方への支援や、海外シニアボランティアに参加し、発展途上国の言語聴覚療法の基礎を築くサポートもしてみたいと思っています。

栄養士の資格を活かして言語聴覚士を目指す 栄養士の資格を活かして言語聴覚士を目指す

嚥下に関わる訓練や機能の知識を深めたい

管理栄養士として回復期のリハビリテーション病院に勤務していました。言語聴覚士の方々と実際に仕事をする中で、自分も嚥下に関わる訓練や機能の知識を深めたいと思ったのが言語聴覚士を目指したきっかけです。

現在は同じくリハビリ職である理学療法士の養成校へ通学中の、妹と同居しています。他職種連携が重要であることは前職で身に沁みていましたので、今の住まいから通えることも重視して臨床福祉専門学校を選びました。この学校は東京以外の方の進学先としても多く選ばれているので、安心できましたね。

患者様の状態にあわせた食形態や嚥下食を考えるだけではなく、今後は言語聴覚士として、患者様の機能そのものを改善し、ひとりでも多くの患者様の回復に貢献できる言語聴覚士になりたいと考えています。

音楽療法士の資格を活かして言語聴覚士を目指す 音楽療法士の資格を活かして言語聴覚士を目指す

子どもたちの笑顔をたくさん生み出したい

大学で音楽療法について学んでいるときから常に誰かを援助する仕事がしたいと思っていました。音楽療法士になるための実習先で言語聴覚士という職業を知ったことが、言語聴覚士を目指したきっかけです。

音楽療法にもことばを獲得させる技法はありますが、脳の仕組みやことばを獲得する段階を、医学的にイチから勉強したいと思っていました。臨床福祉専門学校には、現在も医療の現場で言語聴覚士として活躍している先生がいると知り、専門性の強いこの学校を選びました。

小児領域に興味があるため、卒業後は療育施設などではたらきたいと考えています。発達に障害がある子どもが、声を出すことで明るい笑顔になる場面を何度も目にしました。医学的根拠に基づいたアプローチが出来る言語聴覚療法で、子どもたちの笑顔をたくさん生み出したいです。

歯科技工士の資格を活かして言語聴覚士を目指す 歯科技工士の資格を活かして言語聴覚士を目指す

患者様のQOLの向上に努めたい

言語聴覚士の方に飲み込みの指導を受け、少しずつ食べられるようになった祖母の喜ぶ姿を目にしたことをきっかけに、言語聴覚士を目指しました。歯科技工士の仕事では味わえない感動があると確信しました。

臨床福祉専門学校は国家試験合格のための専門知識習得のみならず、臨床現場の見学や、障害者の方の講義があります。それらを通じて、実施に現場で求められていることを身につけられると思い入学を決めました。

将来は歯科技工士の資格を取得する際に培った知識とあわせ、嚥下に障害がある高齢者などの成人領域に携わり、患者様のQOLの向上に努めたいと考えています。

学童保育の資格を活かして言語聴覚士を目指す 学童保育の資格を活かして言語聴覚士を目指す

問題を抱える方々の助けになれることをしたい

前職で吃音のあるこどもと出会ったことをきっかけに言語聴覚士を目指しました。大学在学中からずっと学童保育の現場で勤めており、どうやってコミュニケーションをとるか悩んでいた時に言語聴覚士という仕事を知りました。リハビリの現場を見学したことで、この職業の必要性を強く感じました。

複数の学校のオープンキャンパスに参加して、特に惹かれたのが臨床福祉専門学校でした。リハビリの様子が見学できることばの相談室があり、個別にしっかり対応してくれる先生がいることが魅力でした!

言語聴覚士となった暁には、これまで私自身が出会ってきた、コミュニケーションに問題を抱える方々の助けになれることをしたいと考えています。

言語聴覚士国家試験 合格者数6年連続全国第1位 資格・キャリアを活かして学べる あなたの時間に合わせた入試ができる キャリアチェンジへの第一歩を踏み出そう
言語聴覚士国家試験 合格者数6年連続全国第1位 キャリアチェンジへの第一歩を踏み出そう