対人関係で誤解されやすい障害、自閉症スペクトラムとは?②

2018/10/04

 

 

1、自閉症スペクトラムの具体的な特徴・症状とは?

 

自閉症スペクトラムには特徴的な2つの症状があります。

 

①社会的コミュニケーションおよび対人交流が困難

・他人と目を合わせない

・相手や状況に対して、自分の行動をあわせることが苦手

・難しい言葉や表現を好んで使う  など

 

②行動、興味、または活動の限定された反復的な様式

・小さな変化に苦痛を感じる

・柔軟な考え方をすることが苦手

・決まった順序や食べ物にこだわる  など

 

2、自閉症スペクトラムの症状の現れ方の個人差とは?

 

自閉症スペクトラムの症状は、年齢や受けている治療などによって個人差があります。

また、発達段階、年齢、環境、教育や支援によって症状が大きく変化することもあります。

このため、症状が現れる局面も、その人の置かれている環境などによって異なります。

 

3、自閉症スペクトラムと合併しやすい疾患

 

自閉症スペクトラムには、他の発達障害や精神疾患を合併しているケースがあります。

合併しやすい発達障害や精神疾患には、以下のようなものがあります。

 

 ・知的障害

 ・学習障害

 ・注意欠陥/多動性障害(AD/HD)

 ・気分障害

 ・強迫性障害

 ・適応障害

 ・統合失調症

 ・てんかん

 ・睡眠障害

 ・摂食障害

 

 

※こちらの記事は入学検討者向けに掲載しているため、簡易的な説明となっております。
転載・流用はご遠慮ください。

自閉症について