入学・進学に不安のあるみなさまへ④

2018/09/10

30代以上からでも就職できるか不安です

こんにちは。

臨床福祉専門学校 言語聴覚療法学科学科長浜田です。

 

 

オープンキャンパスにご参加いただいた方のなかで、

「30代以上でも就職できますか?」というご質問をよくいただきます。

 

答えは、 

はい。もちろん就職できます。

です。

 

なぜなら、言語聴覚士は医療職のなかでも近年とても注目される職業であり、

社会の中で需要が高まってきているからです。

 

超高齢社会が進み続ける日本では、リハビリに関わる専門職として言語聴覚士の重要性がさまざまな場面でうたわれるようになり、

「これからの職業」としてさらに需要が増えていくと言われています。

 

言語聴覚士の専門領域である「言語」は、

人と人とのコミュケーション(話すこと)と深い関わりがあり、

そして言語を発するために切り離せない「口腔」に関することは、

命をつなぐ食事(食べること)と深く関わりがあります。

 

こうした高い専門領域は、医療現場(病院)だけでなく、

学校福祉施設など、さまざまな現場で必要な職業です。

 

つまりは将来性があり、多様な現場で活躍できる職業なのです。

 

言語聴覚士の資格が日本で誕生して以来、

年々その職業認知が高まり、新しい価値観も生まれてきています。

 

たとえば、「チーム医療」の中での言語聴覚士。

言語訓練や口腔ケアでの患者様との直接関わりのある仕事だけでなく、

他職種の情報も集めて総合的に患者様と関わることが必要とされます。

 

つまり、これまでの人生経験や考え方、倫理観が生きてくる仕事とも言えます。

実際に臨床福祉専門学校でも、大卒新卒から60代の方まで、さまざまな経歴を持った学生が2年間クラスメイトとして切磋琢磨しながら毎日の学習に励んでいます。

 

そして、入学から2年後に国家試験を合格し、卒業。そして就職して、言語聴覚士として活躍しています。とても頼もしい姿です。

 

では、実際の求人や就職状況はどうなっているか?気になりますよね。

 

本校にいただいている求人情報は全国各地の病院、福祉施設から到着しています。

さらに求人数は年々増加傾向しているため、言語聴覚士の需要が必要とされているのが伺えます。

 

有効求人倍率35.1倍の完全なる売り手市場です!

 

とはいえ、医療業界に就職するのは初めてのかたは多いので、学校としての就職サポートも万全です。

 

①毎回70社以上の病院や企業が参画していただいている「就職相談会」は年に3回開催。

 *就職相談会の様子はこちら(2018年9月18日開催)

 

②実習中でも安心のPCやスマホから求人情報が確認できる「就職サイト」を随時更新中。

 

③クラス担任からの個別アドバイスなど、

就職率は全員就職100%です。

 


主な就職先一覧

<病院>東京女子医科大学病院/東京女子医科大学東医療センター/医療法人平成博愛会/世田谷記念病院/聖路加国際病院/医療法人財団/正明会/山田記念病院/東京都リハビリテーション病院/彩の国東大宮メディカルセンター/上尾総合病院/草加市立病院/千葉リハビリテ/ーションセンター/千葉県病院局千葉県こども病院/船橋市リハビリテーション病院/八千代リハビリテーション病院/横浜旭町央総合病院/さがみリハビリテーション病院/イムス横浜狩場脳神経外科病院 など <教育・福祉施設>日本聾話学校/二葉乳児院/のぞみ学園かめあり/江東区こども発達センター塩浜COCO/ちば子供発達センター/介護老人保健施設 むさしの苑/海老名市教育支援センター/ナーシン/グプラザ港北 など <企業>ベストケア株式会社/神奈川リオネット販売株式会社 など


また、言語聴覚士の働き方の特徴としては2つあります。

「自分にあったライフスタイルで働ける」

「女性にも働きやすい」

 

例えば…

 

・夜勤がない。

・家庭の都合で環境が変化したときには、非常勤としても働ける

・女性の多い職場のため、産後復帰や育児との両立に理解がある 

 

これらの理由も言語聴覚士が選ばれる所以です。


言語聴覚士の就職情報やこれからの言語聴覚士の将来性についてオープンキャンパスに参加してもっと詳しく知ろう!

 

▶▶《オープンキャンパスへ参加しよう!》

 

▶▶《まずは資料請求しよう!》

 

学校選び