高次脳機能障害Ⅰ‐認知症‐|言語聴覚療法学科1年生

2018/06/06

こんにちは。臨床福祉専門学校入試広報課です。

先日お伝えした、言語聴覚療法学科1年【高次脳機能障害Ⅰ】の2週目の授業の様子を、引き続きレポートいたします。

 

 

前回に引き続き、テーマは『認知症』(>>>前回の授業レポートはこちらから)

ですが、今回は先生の講義ではなく・・・・・・グループワークです!

臨床福祉専門学校独自の実践的カリキュラムにより、学生の臨床家としての自覚を養うべく

1年生のうちから、積極的にグループワークを取り入れています。

KP法

 

今回のグループワークの課題は、与えられたテーマを『KP法』で発表すること。

『KP法』とは、Kamishibai Presentation』のこと。紙芝居でプレゼンテーションを行います!

 

▼まずは黒川先生の見本から。

 

与えられたテーマは、『認知症サポーター』・『VR認知症』・『認知症ケアパス』・『認知症カフェ』・『RUN伴(とも)』・『リンクワーカー』・『認知症アクションアライアンス』・『はたらく』

の全部で8つ。聞きなれないテーマもちらほら・・・・・・各班ひとつずつ取り組みます。

調査

 

先生が事前に用意した資料と併せて、学生自身もスマホや教科書で調査。

時間が限られているため、大事なキーワードをすばやく読み取り、各班2分程度の紙芝居にまとめていきます。

 

 

 

 

 

発表

 

いよいよ、各グループ個性あふれる発表です!

 

▼イラストを交えて発表する班

 

▼わかりやすいキーワードをピックアップして伝える班

 

▼クイズ・アンケート形式で聴いている人に呼びかけていく班、等など。

 

短い時間でしたが、各班与えられたテーマについて、背景、そこから考えられること・わたしたちにできることはなんなのか・・・等、簡潔にわかりやすくプレゼンテーションしていました。

明るい雰囲気でとても楽しい授業でした!

 

 

先生、学生のみなさん、見学させていただきありがとうございました。

次回はテストだそうです!学生のみなさん、頑張ってくださいね!

授業