実習概論-実務教育者会議ガイダンス-|言語聴覚療法学科2年

2018/05/14

こんにちは。臨床福祉専門学校入試広報課です。

本日は言語聴覚療法学科2年生の授業実習概論を見学させていただきましたのでレポートします!

———————————————————–

2年生のメインカリキュラムといっても過言でもない「臨床実習」。

 

初めての臨床実習、臨床現場、初めてづくし・・・不安ですよね。

そのため、こちらの授業ではこれからスタートする臨床実習にむけて、

実習の目的や学生として求められていることは何か、など準備のほか、臨床実習終了後は報告会を行い、自身の臨床実習について振り返る、という実習前後指導を行なうカリキュラムになっています。

今日は、来週開催される「ST実習指導者会議」にむけてガイダンスが行なわれました。

実習指導者会議では臨床実習スタート前に、学生と実習先の先生がた(実習指導者)がお会いできる貴重な機会となっています。

———————————————————–

まずは水尻先生より、当日の運営スケジュールの説明、そしてお迎えする先生方への姿勢や心構えをしっかりと伝えています。

そのため、学生たちは真剣にメモをとり、本番を想定しています。

つづいて、会場を確認するため、実際に会場となる教室を見学します。

会議当日どの備品を使用するのか?など会場準備が滞らないようするために入念にチェックしている姿が印象的でした。

次週は「ST実習指導者会議」をレポートします!

言語聴覚療法学科の学生のみなさん!よろしくお願いします!

授業