言語聴覚療法学科ブログ 摂食嚥下障害について

2018/12/25

高齢者の摂食・嚥下障害

  加齢とともに、体の動きや働きはゆっくりになっていきます。 それは体を動かすための筋力が衰え、協調する運動もできなくなってくるからです。   食べること、飲み込むことも同じです。…続きを読む

2018/12/18

言語聴覚士に対する社会ニーズ ~摂食・嚥下障害~

      1、言語聴覚士に対する社会ニーズ   言語聴覚士(ST)は、脳卒中やさまざまな疾患による言語障害や聴覚障害によるコミュニケーション障害や、小児を対象…続きを読む

2018/12/11

癌の治療後の飲み込みづらさをあきらめない!~言語聴覚士の仕事~

    食道がんや脳腫瘍などの治療後には、「食べる」や「コミュニケーションをとる」という 機能に障害を残すことがあります。そんなときに頼りになる専門職が言語聴覚士です。 &nbsp…続きを読む

2018/10/24

言語聴覚士による摂食嚥下リハビリ

    1、摂食・嚥下障害とは?   脳卒中や脳性麻痺、口腔、咽頭、喉頭などの疾患、神経難病などの中枢神経系疾患などで、 「食べる」機能に障害が生じることを摂食・嚥下障害…続きを読む