言語聴覚療法学科ブログ一覧

2018/12/13

方向音痴と道順障害について

大型ショッピングモールに行ったら   今、あなたは初めて訪れたニューオープンの超大型ショッピングモールにいます。 初めての来店なので、わくわくしながらまずはフロアマップを入手し、気になってい…続きを読む

2018/12/11

癌の治療後の飲み込みづらさをあきらめない!~言語聴覚士の仕事~

    食道がんや脳腫瘍などの治療後には、「食べる」や「コミュニケーションをとる」という 機能に障害を残すことがあります。そんなときに頼りになる専門職が言語聴覚士です。 &nbsp…続きを読む

2018/12/09

就学時検診を知る-新小学1年生へ向けて-

就学時健康診断は、小学校新1年生又は義務教育学校新1年生を対象とした学校保健安全法に基づく健康診断です。 毎年、10月~11月にかけて検診を実施をする自治体が多く、この検診結果を経て次年度から小学校へ…続きを読む

2018/11/22

小児難聴とは

    1、幼少期の難聴について   難聴とは、音を聞いたり、音を区別したりする能力が低下している状態です。 中耳や内耳の障害であり、脳の障害ではありません。   そして…続きを読む

2018/11/19

言語聴覚士が女性に選ばれる職業のワケ

  1、言語聴覚士の仕事   言語聴覚士は、話をしたり聴いたりといったコミュニケーションに問題のある人や、 食事をすることに障害を抱えている人に適切なリハビリテーションをおこなって…続きを読む

2018/11/16

若年性アルツハイマーのサインとは|金曜ドラマ”大恋愛~僕を忘れる君と”

TBS金曜ドラマ「大恋愛」ご覧になっていますか。   若年性アルツハイマーに冒された主人公とそれを支える恋人の大恋愛を描いているラブストーリーです。 視聴率も非常によいドラマですが、毎週、キ…続きを読む

2018/11/16

ADHDの子育て② ~ちゃんと理解すれば、子どもも保護者もラクに!~

  ADHDの子は、ご飯を食べたら歯磨きね!という日常ルーティンの日課がなかなかできないこともあります。   毎日のことだから、親はどうしてもできないことに目が向きがちですが、 で…続きを読む

2018/11/15

ADHDの子育て① ~ちゃんと理解すれば、子どもも保護者もラクに!~

  何度注意してもなかなか行動や感情のコントロールできない“育てにくい子”に 悩んでいる保護者の方は多いのではないでしょうか?   少し落ち着きがないだけなのか、いわゆるADHDな…続きを読む

2018/11/14

発達障害

      発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているため、幼児のうちから症状が現れて、育児でうまくいかないことがあります。そのため、育てにくい子と感じてしまうこと…続きを読む

2018/11/13

発達障害とは?①-3つのタイプとグレーゾーン-

  ■発達障害とは?   発達障害とは、生まれつき脳機能の発達のかたよりによる障害です。 その症状は外見から分かりにくく、周囲とのミスマッチから社会生活に困難が発生することがありま…続きを読む