Day Faculty Information
理学療法学科 昼間部

3年制・80名 | 理学療法士国家試験受験資格取得

対象
高校卒業以上の方
授業時間
火~土曜日 (9:00~17:50)

学生構成比データ※2017年度入学生実績

学生構成比データグラフ 学生構成比データグラフ

時間割例※1年次の例

※月曜日・・・原則休み
※日曜日・・・休み

1限

9:00
~10:30
理学療法
評価学Ⅰ
生理学
実習
整形
外科学
生理学

2限

10:40
~12:10
保健体育 基礎理学
療法学
生理学
実習
医学英語 生理学
昼休み

原則休み

休み

3限

13:00
~14:30
解剖学 運動学 筋触察 病理学 運動
療法学Ⅱ

4限

14:40
~16:10
解剖学 臨床
心理学
研究法
演習
国家試験
対策
運動
療法学Ⅱ

5限

16:20
~17:50
理学療法
評価学Ⅱ
運動学
実習
特別講義

専門学校としては珍しく、日曜日と月曜日が休みとなっています。
※ただし、6限に授業がある場合があります。

1年次
基礎学習で基礎医学3科目を徹底習得

 

カリキュラム一覧

生化学/統計学概論/研究法演習/保健体育/英語(外固語)/医学英話/解剖学/解剖学実習/機能解剖学I/生理学/生理学実習/運動学/運動学実習/病理学/臨床心理学/医学概論/整形外科学/リハビリテーション医学/リハビリテーション概論/基礎理学療法学Ⅰ/基礎理学療法学Ⅱ/理学療法評価学Ⅰ/理学療法評価学Ⅱ/運動療法学I/運動療法学Ⅱ/運動療法学Ⅲ/見学実習/理学療法演習Ⅰ

 

年間スケジュール

年間スケジュール 年間スケジュール

2年次
患者様の疾患を捉え評価·状況把握

 

カリキュラム一覧

経営学/機能解剖学Ⅱ/機能解剖学Ⅳ/人問発達学/内科学/神経内科学/精神医学/小児科学/老年医学/画像診断学/病態運動学/理学療法評価学Ⅲ/脳損傷の理学療法/脊髄損傷の理学療法/骨関節疾患の理学療法/リウマチの理学療法/代謝性疾患の理学療法/神経筋疾患の理学療法/呼吸器系疾患の理学療法/ 小児・先天性疾患の理学療法/高齢者の理学療法/循環器系疾患の理学療法/理 学療法におけるリスク管理/スポーツ疾患の理学療法/大腿骨頸部骨折の理学療ー法/物理療法学/義肢学/装具学/日常生活活動学/動作介助法演習/生活環境学/リハビリテーション関連機器/検査測定実習/評価実習/理学療法演習Ⅱ

 

年間スケジュール

年間スケジュール 年間スケジュール

3年次
長期の実習を通じて臨床力・現場力を習得

 

カリキュラム一覧

理学療法教育管理理論/理学療法研究法/地域保健・福祉論/長期臨床実習/理学療法演習Ⅲ

 

年間スケジュール

年間スケジュール 年間スケジュール

学科長からのメッセージ

MTA

”理学療法学科の基礎とプロとしての意識を確実に修得すること”

石垣 栄司

わが国における理学療法士は、身体に障害を持った方の医学的リハビリテーションの一翼を担う職種として、また近年は予防・治療・健康増進を含めた幅広い場での活躍が期待される職種として重要な位置を占めています

本学科では、理学療法士になりたいと情熱を持った方に対して、対象とする方々に寄り添う「心」と知識に裏打ちされた「技」を持った理学療法士を育成したいと思っています。その為に本学科では1年次より筋触察技術や評価法等の実技科目を積極的に取り入れるなど、目標への意欲が低下しないような工夫をしています。

理学療法士は、人の身体に対してアプローチを行う職業です。その目標にたどり着くことは、決して楽な道ではありません。在学中はプロとしての基準を築く大切な時期でもありますから、積極的に且つ貪欲に、知識・技術を吸収してほしいと思います。

在校生インタビュー

MTA

3年間集中して勉強し早く理学療法士に!

高等学校を卒業後、本校へ
理学療法学科(昼間部)
田邉愛実さん(19歳)
神奈川県立新羽高等学校卒業

病気の祖父がリハピリを通じて回復していく姿を見て、理学療法士の仕亭に魅力を感じはじめ、目指そうと思いました。学校選びをしていく中、3年間しつかり学んで資格を取得し、少しでも早く現場に出て働きたいと思うようにな り、それが叶うこの学校を選びました。社会人経験のあるクラスメイトもいる ので、いろいろな考え方や知識に触れ合うことができ、日々の勉強がとても刺激になります。これからもしつかりと学んで国家試験に臨みたいと思います。

MTA

入学前の不安も個別相談で解消!

営業事務職から転身
理学療法学科(昼間部)
澤田知里さん(26廠)
前職はスポーツ用品会社営業事務職

趣味のクライミングでケガをしたとき、理学療法士と出逢ったのがきっかけです。リハビリを通じて、自分のケガが回復していく過程で、理学療 法士の技術や人柄に触れ、リハピリの仕事に魅力を感じるようになりま した。学費や勉強の不安はありましたが、学校見学したときの個別相談でそれが解消でき、今は本当に楽しく学習できています。

MTA

先生と学生の近さが選んだポイントです。

介護職のアルバイトから転身
理学療法学科(昼間部)
角森警之さん(20歳)
通信制高校卒業後、施設でアルバイト

老人ホームでアルバイトをしていた時、リハビリを受けている利用者の方が回復していく様子を見て、非常に興味を持ちました。そして学校を探し始め、この学校のイベントに参加したことがきっかけとなって入学しました。イベントでは、先生や学生のみなさんと直接話ができ、お互いが近い関係の中で 学んでいる様子が見え、ここで学んでみたいと思いました。将来は、ここで取得した資格と高い技術を医療・福祉分野で活かしていこうと思っています。

TOPへ

Copyright (c)2013 Academic school of clinical welfare.
All rights reserved.