【イベントレポート】初めて知る!スポーツ義肢の世界

2018/02/08

こんにちは。臨床福祉専門学校です。
オープンキャンパスの様子をレポートします!
 

今回の体験授業は・・・
<初めて知る!スポーツ義肢の世界>
担当は理学療法学科学科長 石垣先生です
 

 
石垣先生よりさまざまの種類の『スポーツ義肢』について解説していただきました。
たとえば・・・股関節から装着するもの、
膝から装着するものなどなど・・・
障害度によりパーツが増えることもあります。
 

 
次に、樹脂製の日常生活向きである義肢と、
カーボン製の走ったり跳んだりできるスポーツ向きの義肢の重さを参加者の方に実際に持っていただき、体感いただきました。
あまり触ることのない義肢に興味津々の様子です。
 

 
スポーツ向きの義肢はカーボン製のため、軽い!
カーボン製の義肢は、硬く痛いスポーツ専用というイメージですがこれを日常生活向きに変えていく開発が進んでいます。
 

 
最後に、
「義肢学は理学療法を学ぶなかで非常に奥深く楽しい分野になります。本校に入学した際は、惜しみなく知識を教えます!」と石垣先生。
 
義肢はスポーツを続けたい患者さまの夢を叶える方法のひとつ。ぜひ臨床福祉専門学校で学びを深めていただきたいと思います!

オープンキャンパス