仕事内容

言語聴覚士とは

「ことば」「きこえ」「のみこみ」の障害を持つ方をサポートする専門家です。

国家資格

仕事内容

仕事内容

言語障害(失語症、言語発達障害、構音障害)や聴覚障害、声や発音の障害など、ことばによるコミュニケーションの問題は多岐にわたります。言語聴覚士はこうした問題の本質や発現メカニズムを明らかにするために検査・評価を実施。必要に応じて訓練、指導、助言を行う専門職です。さらに医師や歯科医師の指示のもと、嚥下訓練や人工内耳の調整なども行います。

ある一日のスケジュール

8:30出勤→9:00言語訓練→12:00摂食嚥下訓練→13:00昼食→4:30言語訓練→5:30カンファレンスケース→終了

具体的な仕事内容

  • 言語障害の検査と評価
  • 言語訓練と記録
  • 摂食嚥下障害の評価と訓練
  • 言語評価報告書の作成

資格を取るには

一般の4年制大学を卒業後、言語聴覚士養成課程のある専門学校で受験資格を取得し、国家試験を受験します。国家試験に合格することで言語聴覚士の資格を取得できます。※他には高校卒業後、4年制の大学や専門学校で学ぶコースもあります。

主な職場

主な職場

大学病院・リハビリテーション表院や
介護老人保健施設、特別支援学校 などで
活躍しています。

  • ○大学病院
  • ○総合病院
  • ○リハビリテーション病院
  • ○介護老人保健施設
  • ○訪問リハビリテーション事業所
  • ○肢体不自由児施設
  • ○特別支援学校
  • ○療育機関 など

言語聴覚療法学科の就職先一覧 ※実績より一部抜粋

  • 足立区障害者福祉センター(東京都)
  • 江東区こども発達センターCoCo(東京)
  • 災害医療センター(東京都)
  • 東京医科歯科大学医学部付属病院(東京都)
  • 東京慈恵会医科大学付属病院(東京都)
  • 府中けやきの森学園(東京都)
  • 柏市発達センター(千葉県)
  • 第二北総病院(千葉県)
  • 千葉愛友会記念病院(千葉県)
  • 千葉リハビリテーションセンター(千葉県)
  • 麻生リハビリテーション病院(神奈川県)
  • 海老名総合病院(神奈川)
  • 鶴巻温泉病院(神奈川県)
  • 横浜新都市脳神経外科病院(神奈川)
  • 上尾中央総合病院(埼玉県)
  • 埼玉病院(埼玉県)
  • 三愛病院(埼玉県)
  • 明生リハビリテーション病院(埼玉)
  • 石和温泉病院(山梨県)
  • 甲府城南病院(山梨県)
  • 白根徳洲会病院(山梨県)
  • 塩原温泉病院(栃木県)
  • 竹田総合病院(福島県)
  • 大阪けいさつ病院(大阪府)
  • 近森病院(高知県)
  • 荒木脳神経外科病院(広島県)
  • さくらの丘クリニック(広島県)

臨床福祉の求人情報を公開中

言語聴覚士になるために

言語聴覚士になるには、国家資格の取得が必要となります。
そのために言語聴覚士養成課程のある専門学校で国家試験受験資格を取得し、年1回実施される言語聴覚士国家試験に合格する必要があります。

Point本校の言語聴覚士の合格者数実績 国家資格 全国1位

臨床福祉専門学校では言語聴覚士を目指す学科として「言語聴覚療法学科」を設置しています。

本校の言語聴覚療法学科は、2016年3月の言語聴覚士の国家試験合格者数は全国1位となりました。
さらに、2012年~2015年度の言語聴覚士の国家試験合格者数は4年連続で全国1位となりました。
またこれまで1期生~12期生までの合格率平均も84.4%で、同期間内全国平均64.7%をも大きく上回っています。

また同学科では国家試験合格のためだけではなく、卒業後現場で活躍できる「臨床力の養成」により力を入れた実践的な授業を行っています。

本気で言語聴覚士を目指したい方、是非一緒にあなたの夢を実現させませんか?