柔道整復師とは

日常生活の中でおこるケガやスポーツなどの損傷に対して、手術や薬を使わずに回復させ快適な生活が送れるよう導きます。

国家資格

仕事内容

仕事内容

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなど、各種損傷に対して、整復・固定・後治療を行い機能を回復させる仕事です。最近では、スポーツトレーナーとしての仕事や、高齢者の機能回復訓練を行う仕事など、
その領域はますます広がっています。

仕事の魅力

柔道整復師は患者さんの生活に深く関わるため、大きな責任がありその分充実感を得られる仕事です。
患者さんとコミュニケーションをとる中で日々回復が実感でき、やりがいを感じられることが魅力の一つです。

また、柔道整復師の最大の特長は「独立開業権」があること。接骨院や整骨院に勤務する事もできるし、経験を積んだ後に独立して自分の治療院を経営することができます。
さらには、医療施設内で整形外科で活躍したり、スポーツ分野でスポーツトレーナーとして活躍したり、社会福祉施設などで機能訓練指導員として活躍したりと柔道整復師の需要は高まり、 活躍するフィールドは更に広がっています。

ある一日のスケジュール

8:30出勤→8:45ミーティング・準備→9:00施術→12:00昼食・昼休み→14:00施術→18:30ミーティング・後片付け

具体的な仕事内容

  • 検査・判断
  • 整復固定(テーピング・包帯・ギプスシーネなど)
  • 後治療(電気療法・温熱療法・アイシング・手技療法・運動療法など)
  • 患者様の相談・生活指導
  • 運動指導
  • 介護施設での機能訓練など

接骨院で働く柔道整復師の1日のスケジュールを例にあげています。
接骨院や医療機関などの場合は、店舗や施設の受付時間内での勤務となるため、勤務時間がある程度決まってくる職場が多いです。

また治療を行うだけではなく、患者さんの相談に乗ったり生活指導を行うことも柔道整復師の大切な仕事の一つです。

資格を取るには

高校を卒業後、柔道整復師養成過程のある専門学校・大学・短大で受験資格を取得し、国家試験を受験します。国家試験に合格することで柔道整復師の資格を取得できます。

主な職場

主な職場

独立開業はもちろん、接骨院や医療機関、
介護保険関連施設やスポーツ施設など
活躍の場は広がっています。

  • ○接骨院
  • ○病院・整形外科などの医療機関
  • ○福祉施設
  • ○スポーツ施設
  • ○健康増進センター
  • ○独立開業(接骨院) など

臨床福祉の求人情報を公開中

柔道整復師になるために

柔道整復師になるには、国家資格の取得が必要となります。
そのために柔道整復師養成課程のある専門学校で受験資格を取得し、国家試験で合格する必要があります。

Point活躍できる柔道整復師になれる

臨床福祉専門学校では柔道整復師を目指す学科として、「柔道整復学科」を設置しています。

本校の柔道整復学科では、柔道整復師の実技試験を担当する認定実技審査員の資格を持つ専任教員が3名在籍しており、一流かつ臨床現場に即した実践的な授業で高い技術力を身につけることができます。、さらに、授業は月~木曜までは午前中で終了、濃密な授業後、午後はお仕事やバイトなどの時間として当てることができます。

本気で柔道整復師を目指したい方、是非一緒にあなたの夢を実現させませんか?