国公立併願入試

国公立併願入試

国公立の言語聴覚士養成校・養成課程との併願を希望される方が対象となる入試です。(併願校は大学・専門学校など学校種別は問いません)
国公立併願入試での入学金含む学費の納入は、併願された学校の合否結果が出てからの納入となります。
入学金のムダがないので安心して併願校の合否前に受験することができます。

国公立併願入試のメリット

メリット1 入学金の無駄がない

一般的には併願で国立・公立の学校を受験する場合、併願先の合否発表前に入学金の支払が必要となるケースがほとんどです。臨福の国立・公立併願入試では、併願する国立・公立校の合否結果がでるまで、入学金を振り込む必要がありません。だから、入学金の無駄がなく、安心して併願入試を受けて頂くことができます。

首都圏専門学校の
入学金例
本校 A校 B校 C校 D校 E校
15万円 30万円 20万円 20万円 20万円 5万円
メリット2 時間に余裕を持って進路の検討ができる

毎年多くの方が、国立・公立の学校の合格発表後に、慌ただしく受験されています。それは、入学金を無駄にしたくないために併願入試を受けていない場合があるからです。
臨福では、「余裕を持ってしっかり進路を検討してほしい」という思いから、この併願制度を導入しました。

一般的な併願入試の場合、国公立の合格発表前に入学金が必要
臨福は入学金の無駄がありません。
<臨福>国公立併願入試の場合、入学決定まで入学金が不要だから、入学金の無駄なく、時間に余裕を持って進路を検討できます。

国公立併願入試について

対象学科

言語聴覚療法学科

出願条件

学科 受験資格
言語聴覚療法学科
  • ・4年制大学を卒業または卒業見込みの方(専攻は問いません)。
  • ・国公立の言語聴覚士養成校・養成課程との併願を希望される方。

試験科目

個別に面談を行います。

入試日程

  入学願書受付期間 入学試験日 合否結果発送日 手続き締切日
第1回 11月1日(火)~11月22日(火) 11月27日(日) 11月30日(水) 2月24日(金)
第2回 11月24日(木)~12月7日(水) 12月11日(日) 12月14日(水)
第3回 12月8日(木)~1月19日(木) 1月22日(日) 1月25日(水)

出願書類

  • ・入学願書※学生募集要項巻末書類
  • ・入学選考料振込金受領書またはATM振込利用明細書※入学願書に添付
  • ・入学志望者アンケート※学生募集要項巻末書類
  • ・受験票※募集要項挟み込み書類。写真・切手添付
  • ・受験票返送用封筒※学生募集要項挟み込み書類
  • ・大学の卒業(見込)証明書

国公立併願入試の流れ

  • 本校イベントへの参加
  • 入学試験
  • 合否結果郵送
  • 併願校の合否結果
  • 出願許可証を郵送
  • 入学金・学費納入などの入学手続き<br>※分納も可能です